ジャパンレールパスの利用資格
1.
    外国から「短期滞在」の入国資格により観光目的で日本を訪れる外国人旅行者。
日本の入国管理法が定める「短期滞在」の在留資格により、観光等の目的で15日間もしくは90日間の滞在が許されます。日本への入国にあたり観光目的の滞 在を希望すると、入国審査官はあなたのパスポートに下記の「短期滞在」のスタンプ/シールを捺します。ジャパンレールパスは、パスポートにこのスタンプ/ シールを受けた方だけが使用することができます。
       
ご注意:
たとえあなたが引換証を携えて訪日しても、あなたがこの「短期滞在」の入国資格をもたないと、ジャパンレールパスとの交換は実行されません。(したがっ て、「研修」「興行」「再入国」等の資格で入国した場合は、ジャパンレールパスに引き換えることはできません。日本の入国管理法における「短期滞在」の概 念は、一般的な意味での「短期間の滞在」とは厳密に異なるものであることをご理解ください。)
「短期滞在」入国資格スタンプ/シール見本

2.
    日本国籍をもって日本国外に居住している人で
       
      a, その国に永住権をもっている場合
      b, 日本国外に居住する外国人と結婚している場合
       
備考:    
引換証の購入時とジャパンレールパス引き換えの際には次の書類をご提示ください。
 
aの場合は次の2つを証明する書類
    ・永住権
・本人が日本国外に居住していることを証明する書類
 
bの場合は、次の3つを証明する書類
    ・本人が日本国外に居住していることを証明する書類
・外国人と結婚していること
・配偶者(外国人)が日本国外に居住していること
 
なお、a.b.の資格を証明している電子データ等の提示があった場合でも、その場で係員が資格を確認できない場合、パスの引き換えをお断りさせていただく ことがあります。
また、日本国籍と外国籍の二重国籍をお持ちの方で日本国籍のパスポートで入国した場合は、パスの引き換えはできません。

ジャパンレールのお申し込みはこちらへ、 [お 申し込みフォーム]